<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
i'm free

f0046615_1692250.jpg

photo: nishihachiohji, tokyo


さて、この隙にブログも納めてしまおう。


今年は、フィルムの魅力を再認識した年でした。
人より多少ズレてはいるけども、
思うように、自由に撮った一年だったように思います。

↑は、今年初挑戦したクロス現像。
一連の現像の中でイチバンお気にだった写真。

緑がとても小気味イイ。

緑に転ぶフィルムで、緑に緑を重ねて撮ったのが功を奏したか、
クロスのクセになに、この透明感。


クロスの魅力と、ライカの力が遺憾なく発揮された一枚に思います。


来年の目標は、念願のフィルム一眼レフカメラ、
オリンパスのペンFを手に入れる!

あわよくば、中判のダイアナも。笑


こんな感じで、いきたいと思います!

そりではみなさん、よいお年を☆


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-31 16:10 | 日常 | Comments(2)
live

f0046615_075047.jpg
photo: yokosuka, kanagawa


今日の知久さんライブも楽しかったなぁ。

今日は一人ではなかったのだ。

よいライブ納めだったなぁ。

あああ、知久さん、大好きだよーーー!
(酔っぱらっている)

おやすみなさい。


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-30 23:33 | 知久さん | Comments(2)
chiku memo6

f0046615_23564692.jpg

photo: marunouchi, tokyo


知久さんライブメモ。

2014/12/23 知久寿焼 アルカディアライブ

ゲスト:斉藤哲也、佐藤良成

知久さんの片手には→生(ジョッキ)
→生(ロックグラス)途中からもう、サーバーより直にご自分で注がれる、という事態に。笑

さめの片手には→生(ジョッキ)+からあげ そいえば、おにぎりなかった。

---------------------------------------------------------------

<前半>

月がみてたよ
らんちう(語りはローングローングアゴーな怪物はいるはずもなく村人はみんな助かるヤツ)
くだもの
電車かもしれない
すいか畑
死んぢゃってからも
ムリなおみやげ
セシウムと少女

<後半>

キリストは馬小屋で生まれた
ぎが
安心
夢の中の君
シーベックシーモア
アンダイカン アク プニャ サヤプ
夜のおんがく
いわしのこもりうた

<アンコール>

おなじ話
おおホーリーナイト
月のひざし

--------------------------------------------------------------

セトリ、だいぶいい加減。
でも順不同でたぶん合ってる。

さて、会いたくて会いたくて会いた過ぎた知久さん。
前回は夏のムシナイト以来だったので、3ヶ月強ぶり。

まったくお変わりはありませんでしたが、
(いや、お変わりありますよ、秋~冬仕様のお帽子、初生拝見)
なんとなく、夏の一時より生き生きしていたような気が。

斉藤さんゲストなんで、ほんとにほんとに楽しみにしていて。
あのもくもくと演奏されるお姿を目の前で観ながら・・・
アコーディオンの生音にシビれてしまいました。

もう一人の良成さんもお初だったのだけども、
あああ、途中知久さん忘れてしまうほど、心持ってかれてしまいました。

なんなんでしょうか、アレ、
バイオリン持たない右手で弦の上の方を押さえるしぐさ(←絶対伝わんない)
ちょうど喉元の辺り、ちょとムリに右手を裏返すから、
手の甲がめっちゃ見えるの。
何してるのアレ?
後、突然弓をキュキュキュっとねじったりするの。
すげーセクシーなんだけど!
普段バイオリン弾く人を間近に見ることなんてないので、
あまりのステキな行動に、いちいちキュンキュンしてしまった、なんだアレ。笑

そんな良成さんを見て知久さんも、
ギターのチューニングとはえらいちがうなぁってほんとに楽しそうで。

こんな三人のライブを毎年毎年やっていたなんて、
もう来年も再来年も、絶対行く!!


と、まぁ。
整理番号そんなによくもなかったのに、
運よく最前列真ん中の席をゲトしたもので、
知久さんが目の前にいるという、ああなんというシアワセ。

耳栓を鼻に入れたのもちゃんと見えてるし。笑
よっこいしょういちーのささやきまでカンペキに聴こえるし。笑

当たり前だけど、セトリも夏によく聴いていたものたちとはちがって、
なんだかいつもとちがう知久さんを感じました。

そしてこの日のトピックは、なんといっても沖田総司。
もうセトリもなんもかんも忘れるくらいのインパクト強。

当時公開した映画の主題歌に、
満月小唄が抜擢されたのはいいが、
なんとその条件が、曲のタイトルを沖田総司はBカップ、
に変えることだったという。

なんとまぁ、スゴイ話ですね。
当然、断ったらしいですが、そらー彼らなら断るでしょう。
それでこそ、たま、です。


さて。
この日は、サッポロラガー缶の限定発売日だったので、
思い切って知久さんにクリスマスプレゼントしてきました。
赤星缶を見た瞬間の知久さんの目の輝きようと言ったら。
いや、実は知ってたんだよね~と、
すぐさまに冷やしに走って行かれました。笑

そして今回、サインはさめの代わりに空き巣ちゃんにねだってもらいました。
(知らない人は意味不明だろうけども)
言おうか言わまいか迷ったのだけども、
このサインは家宝級になると確信していたので、
「ちゃん」でください!!と。笑

みんな、こだわりがあるんだね、
コレ、「ちゃん」で書かないと後でケンカになるんでしょ?
と、知久さん。

よくご存じで。笑

家宝級の空き巣ちゃんハガキへのサインは、
無事「ちゃん」でいただくことができました。
よかった、よかった。
以降、「ちゃん」のおねだりはしません。
知久さんにおまかせしよ。


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-29 22:14 | 知久さん | Comments(4)
nothing

f0046615_019062.jpg
photo: marunouchi, tokyo


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-28 23:17 | 日常 | Comments(0)
nothing

f0046615_0301417.jpg

photo: yokohama, kanagawa


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-27 23:58 | 日常 | Comments(0)
friend

f0046615_230495.jpg

photo: ayase, tokyo


仕事納めの今日。

会社の300人規模の祝典のカメラマンをしていた。


さめが写真をするということは、
社内ではほとんど知られていない。

ファインダーのないコンデジをうまく使えないもんだから、
自分のカメラを使わせてください、と、ミソジを持ち出していた。


写真好きなの?

実は僕も好きなんだ。


普段から関わりのある人とは新たな関係が生まれ。

話したこともない他施設の方からも、声をかけていただいた。


うれしいな。

楽しかった。


たまにあいさつを交わす程度のお付き合いだった、
とある施設のおじちゃんが、
実は僕もフィルムカメラが大好きでね、と、話がはずみ。

でも最近は、ブローニー現像出すのも一苦労でしょう、
だから今はもうデジタルばかりだよ。

もう少し早かったらハッセルブラッドゆずってあげたのに・・・

だって!!


ああ、残念。

でもよいカメラ友だちができた。

来年のさめの目標は、ペンFを買うことなんです。
と伝えると、
昔使ってた、あれはいいカメラだぞーと。

わからないことあったらいろいろ教えてくださいね。
約束して帰ってきた。


さてさて。
今年もやっと終わります。
うれしいしめくくりになってほんとによかった。


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-26 23:05 | 日常 | Comments(2)
journey

f0046615_2346102.jpg

photo: shinkawasaki, kanagawa


いきなりですが、カメラ遍歴。


コンデジ:ルミックス(パナソニック)
 ↓
ネオ一眼レフ:FinePix S9000(フジ)
 ↓
デジタル一眼レフ:EOS 30D(キャノン)

なんだか順調に進んでいました。
今まだ手元にあって、イチバン長く使っているのはデジイチのミソジ。

ここで、なぜさめがネオ一眼から一眼レフに移行したかについて。
レンズや味のある写りや接写が効くという点では、ネオは最高でした。
でも絶対的にネオでは得られなかったものは。

シャッターを切った瞬間のミラーが跳ね返るあの音。
レンズを通した映像がそのままファインダーから見えること。

撮っている、という実感が本当にしました。
さめはどうしてもこの二つがほしくて、一眼レフユーザーになりました。

さて、ここまではデジタル。
この後、なんと重いという理由で写真を撮らなくなってしまったさめ。
それを救うべく現れたのが。

ロモ フィッシュアイ
ローライB35
ライカmini3
ロモ スメナ8M

さめの歴代いただいたフィルムカメラたち。
(twinkissさん、いつもいただいてすみませんです)

今年、mini3をいただいたことにより、
さめのフィルム魂が突然着火してしまい。

まだまだ知識も全然へなちょこなんだけども、
さめなりにフィルムのおもしろさを体感している、今。
真っただ中。

カラーが好き。
ネガをネガ現像するよりも、リバーサルをネガ現像する方が好き。

モノクロもモノクロ現像じゃなくてネガ現像した方が好き。

後はまだわからない。
でもどこか、王道からは外れた何かを求めている。

そしてまだ試したいものがある。
中判のカメラだ。
どうせなら、トイカメラがいい。

ホルガか、いや、ダイアナだ。


とまぁ、こんなこと言ってますが、フィルムで撮るようになり、
どうしてもコンパクトではないフィルムカメラがほしくなっています。

いよいよ、クラシックカメラの世界に足を踏み入れるのか。
(過去レンズ沼には全く足を突っ込まなかったのに)
でもよくわからない。
カメラほしいのに、どんなカメラがほしいのか全然わからない。

さめは本屋に行った。
中古カメラの本を読みあさった。
そして2冊の本を選び、レジに向かう頃にはもう、
さめの心は決まっていた。

オリンパスのペンF

さめの運命のフィルムカメラはコレだと思う。


機械式の一眼レフ、そしてなんとハーフ判。

オリンパスのシャッター音は大きくて好きだ。
あのキュンというシャッター音は、
このペンでも聞けるのだろうか。


さて。
さめはペンFを探す旅に出ようと思う。


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-25 23:50 | 日常 | Comments(8)
nothing

f0046615_0103082.jpg
photo: yokohama, kanagawa


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-24 23:08 | 日常 | Comments(0)
nothing

f0046615_7501444.jpg

photo: matsuzakaya, ginza, tokyo


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-23 23:49 | 日常 | Comments(0)
nothing

f0046615_050418.jpg
photo: memorial ship mikasa, yokosuka, kanagawa


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-22 23:48 | 日常 | Comments(0)