「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Gさん( 6 )
cat

f0046615_2053326.jpg

photo: kanaya, futtsu, chiba


モノクロで黒猫を撮る!!


Gさんのとなりの黒猫は、青い屋根の上だったっけかにゃ?


      
[PR]
by samepoo | 2014-10-26 19:56 | Gさん | Comments(2)
G(-ishi) memo3

f0046615_22313240.jpg

photo: daikanyama address dixsept, daikanyama, tokyo


Gさんライブメモ。

2014/10/9 新CD「空色」発売記念ライブVol.2  MANDA-LA2

Gさんの片手には→魔法瓶2本!
つーかいきなりその2本をコップの中に混ぜたけど、中身ソレ何なの!?!?謎

さめの片手には→ビール!とバジルポテト

-----------------------------------------------------------

<前半>

空の下
太陽がみているだけ
落下
雨の日の午後

~石川さん登場~

ふたつの天気
丘の上
むし
影の中
柿の木
家族(石川さんの曲)

<後半>

なんかのインストゥルメンタル・・・よくわかんない~汗
サーカスの日
また雨のうた
ドロステの聴こえないうた

~石川さん再登場~

つづくことつづくとこ
ポコポコ
ダダ
隣の黒猫


~石川さんさようなら~

月虹
空色

<アンコール1> 石川さんと一緒に

かなしいずぼん
パルテノン銀座通り

<アンコール2> 石川さんはいないよ

ここ

-----------------------------------------------------------

セトリ、順不同でおそらく合っているとは思うんだけども。


今回は石川さんがゲストに来られるとのこと、
でも平日、とてもさめはムリだと思っていたら、
なんつータイミングか、
吉祥寺まで15分の本社で打ち合わせが入ったもんで。

そして、耳の悪いさめにとっては、
音が大きいのではないかと不安だった石川さんの音を
ちょとだけ体験できる、なんていいチャンス!
ありがたく、いつものようにピュッと行かせてもらいました。


Gさんのニウアルバム、空色発売記念ライブの2回め。
1回め、2回め、どちらにも行って思ったことは。

どっちにも行けてほんとによかった!!

1回めのアルカディアでのライブは、
ほやほやのアルバムを、G色満載で
大事に大事にしっとり歌い上げた感じだったけども、
今回は、石川さんのキレッキレのパーカッションと
ゆるっゆるの笛やらなんやらが加わり、
また全然ちがった魅力に変身!!

ハンドタオル持参するのをすっっかり忘れていたんで、
どーなることかと心配したけども、
石川さんのおかげで号泣だけはまぬがれました!笑

Gさん、石川さんのチャカポコいうパーカッションに合わせて歌い、
終始ご満悦。
本当に純粋に、石川さんのことを尊敬していて、
そして、心底大好きなんだなぁ。

石川さんだけじゃない。
Wコージで乗っ取った、知久さんのかなしいずぼんからも、
二人の知久さんへの愛を感じた。
そしてたまだったことへの愛も。

傘にいくつものアコーディオンを重ねた、
斉藤さんに対しても、純粋な尊敬の念と恥ずかしがり屋な愛を。笑

本当に本当に、愛にあふれたライブだったと、
あの夜のことをさめは思い出します。


さめは、Gさんが歌っているとき、目を閉じて感じることにしている。
歌うGさんの表情を想像して、
その曲を作ったときの気持ちを想像してみる。
とても勝手な想像なんだけども、
そうすることでますます海の底の情景が広がって、
だんだんと心が身体から離れて、ゆらゆらと、漂って。


影の中という歌ができたときのことをGさんが話していて。
街路樹の影の中に入ると、自分の影は見えなくなるんだよ、って。

「影の中で影をなくす」

これがこの人の感性なんだな。

この感性に触れていたい、
もう一生海の底から浮上できなくてもいいかもしれない、
とさめは思いましたです。


さて、ライブ終了後ですが。
物販でわさわさしていたら、
Gさん現れ、石川さん現れ、近い近い近いからもう!

Gさんにはすでに前回ニウアルバムにサインしてもらっていたので、
今回は、ランニング姿の石川さんに詰めよってみました、
黒ずくめのスーツ姿で。笑

生で見る石川さんは、生まれたばかりの赤ちゃんのようで。
思わず去り際にお腹に手が伸びそうになってしまうのをこらえつつ、
ガッチリ握手していただきました、力強かった!

最後にGさんには握手だけしてもらって、さようならしました。

マン2の狭い階段に座り込んで、
みんなのためにサインや握手をしてくれるお二人の姿が、
とても印象的で愛おしく感じました。


G充電再び満タンです、しかも今回は石充電も混じってるので、
これはもうなかなかなくならなさそうです。笑


ハッ!!
思い出したけど、知久さん。
なんだか虫への愛から、異国へ行ってしまわれるの?
やだやだやだー!
ちく充電はもうマイナスカウント始めてますがよ。


      
[PR]
by samepoo | 2014-10-14 22:42 | Gさん | Comments(10)
G memo2

f0046615_2372586.jpg

photo: ishikawacho sta., yokohama, kanagawa


Gさんライブメモ。

2014/9/21 新CD「空色」発売記念ライブVol.1  cafe arcadia

Gさんの片手には→スタバのカップに入った・・・紅茶?

さめの片手には→もちろんビール!とからあげ

-----------------------------------------------------------

<前半>

むし
ワルツ覚えて
ふたつの天気
青空
とかげ
落下
太陽の街
つづくことつづくとこ
ここ

<後半>

影の中
また雨のうた
月虹

雨の日の午後
ポコポコ
ダダ
となりの黒猫
空色

<アンコール>

ハダシの足音
星を食べる

-----------------------------------------------------------

セトリ、順不同ですが合ってると思います。

さてさて、Gさんの新しいアルバム、
「空色」の発売記念!ってことだったので、
どうしてもどうしても早く聴きたくて、
西八王子のアルカディアまで出かけてきました。

どうせ整理番号順にしか入れないっていうのに、
結構早く着いてしまって、写真撮りながら会場まで遠回りしながら、
フラフラしながら・・・だいぶ待ちました。

アルカディア、とっても雰囲気のよい、ステキなカフェでした。
ただ、ライブの会場としては、ちょと細長すぎて、
大した整理番号じゃないさめは、だーいぶ後ろの方。

残念ながら、今回はギターをつまびく美しい手も見えず、
首から上がギリギリ。泣
お飲みになっているものも、スタバのカップだったのは確かなのだけども、
紅茶のパックが入っているかは見えなかった!
 ↑ つーかどーでもいいだろ。爆


えと。
まず、会場に入ると、
Gさん奥のソファーに静かに座ってらっしゃいまして、
いきなり絵になっておりまして。

そうこうしていると、さらに奥のカウンターへ行き、
レコードを選び、針を乗せ。
はあぁ~Gさんステキ過ぎる。

まだライブは始まっていないけど、
この空間はすでにGさんの手によるものなんだな、
と、えもいわれぬ感覚の中一人ビールをあおる女、さめ。
気分はもう完全に海の底。


こんばんは、滝本です。で始まるライブ。
そして天気の話。

もしかしてコレ、定番の始まり方なのかな。

予報は雨だったはずなのに、めずらしく快晴でした。
と、ちょとさみしそうに聞こえたのはさめだけだろうか。

雨だと思って考えていたセトリをあわてて作り直したんだそう。

朝9時から町内会の公民館清掃だったのに、
そりゃタイヘンだったろうな。笑


ライブの後半は、全て新しいアルバムからの歌。

すでに前半のふたつの天気でなぜかボロ泣きしているさめは、
もう泣かない!と決めていたのに、
また雨のうたで号泣。
極めつけのダダで号泣×10。

Gさん、ダダの後で、
声を合わせることは快楽、と言っておられた。

すぐさま他の3人の顔が頭に浮かんださめは、
そこでまた号泣×100。

もうハンカチが何枚あったって足りない。
次からGさんのライブにはフェイスタオルを持って行こうと思う。


しっかりサインもいただいて帰ってきました。
今回は宛名も書いてくださいました。
お願いします、と新しいCDを差し出すと、

あいよっ!


あ、あいよ?!?!?
じ、Gさんがそんな威勢のいいことばを使うなんてっ!?
涙涙のライブ中に作り上げられたイメージがガラガラとくずれて、
おかしいやら、ちょとビックリでした。笑

それに対してGさんは、
名乗ったさめにビックリしてらっしゃいました。

さ、さめ?
サメ??
何度も確認されました。笑


はあ~G充電バッチリ満タンです!
これでちく充電がゼロでもまだしばらく持ちそう。

知久さんも好きだけど、Gさんも相当好きだなぁ。

新しいアルバムも美しすぎます・・・
とてもやさしいアルバムです・・・遠い目


      
[PR]
by samepoo | 2014-09-27 23:22 | Gさん | Comments(4)
g

f0046615_23345143.jpg

photo: shinagawa, tokyo


ああ、Gさん・・・

さめはまた、こうして海の底を這うように眠るのです・・・


      
[PR]
by samepoo | 2014-09-21 23:37 | Gさん | Comments(4)
G memo1

f0046615_002250.jpg

photo: hoko, ebisu, tokyo


Gさんライブメモ。

2014/8/10 MANDA-LA2

Gさんの片手には→水色のカップに紅茶?→ときどきそれにお水を足す。笑

さめの片手には→もちろんビール(グラス)!とポテチをぽりぽり

-------------------------------------------------------------

<前半>

むし
夏の前日
「夏です」と一回言った

<後半>

海にうつる月
終わりのない顔
隣の黒猫
ダダ
パルテノン銀座通り

<アンコール>

星を食べる

-------------------------------------------------------------

セトリは、もっと他にもあります。
んだけども、Gさんソロになってからの曲は
ほとんどわからないので抜けてますー汗

そういうわけで、Gさん、初ライブでした。
フツウに楽しみにしていたのだけど、
そんなのはもう、Gさん登場と同時に一気に通り越して、
終わる頃にはすっかりめろめろどろどろにされていました・・・

なんというんだろう。

知久さんが妖怪だとするならば、
石川さんがゼンマイ巻きのおもちゃだとするならば、
Gさんは、ちゃんと人間です。
とても人間らしい人間。
あ。ちなみにやなさんはインチキ中国人ね。

みんなはGさんのことをハンサムと表現するけども、
さめはなんかそれはちがうと思っている。

でもずっとなんだかわからなかったけども、
この日ようやくわかった。

美しい人なのだ。

ものすごく危うい美しさ。

ギターをつま弾く伸びた爪が、ライトをキラキラ反射して美しい。

長い髪も伸ばした髭も美しい。

あああああ。


もうGさんとは全然関係なくなっていくけども、
イチバン前に座っていたとってもキレイな女のコがいたのだけど、
そのコがGさんの歌に合わせて、ゆーっくりゆらゆらと揺れていて、
Gさんを見るでもなく、くうを見てぼーっと揺れていて、
それもまたとても美しくて、なんなんだこのライブの妖艶っぷりは!


なんか途中、海の底をさまようような、えもいわれぬ感覚に陥って、
ものすごく愛しい人に会いたくなりました。

Gさんに会いに行ったのに。

愛しい人を思わせてくれる、Gさんはそんなお方でした。


そしてそしてGさん。
ひ、左利きでらっしゃいました・・・ ←結構有名らしいけどさめは全然知らなかった!
サササササインのかえるくんを左で描いてらっしゃいましたあああ。
もう完全にノックアウト。 ←左利き(男)大好き
ライブ後にお着替えした、身体にフィットしたTシャツも、
メガネも、細身のスタイルも、とってもとっても美しかったでしたああああ。


と、ところで。
9月に出るアルバムに収録してあるという、
ダダと隣の黒猫という曲が好きでした。
ダダのイントロがステキすぎて、涙がダダでしたよ、ホント。


そういうわけで、Gさんにめろめろになってしまったさめは、
leteのライブにとても行きたいのだけど、
今月の2daysはどちらももうすでに売り切れとなー。

絶対行く!
だからお願い、平日じゃなくて土日で!!
[PR]
by samepoo | 2014-08-13 23:07 | Gさん | Comments(2)
ah

f0046615_13403380.jpg

photo: yokosuka, kanagawa


ああ。

ゆうべのGさんがステキすぎて。

夜を引きずって、なかなか始動できないでいます・・・


とりあえず、きのうの分の写真を上げなくちゃ。


まだもう少し、海の底をさまよってから、さめは浮上します・・・
[PR]
by samepoo | 2014-08-10 23:59 | Gさん | Comments(2)