「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:知久さん( 15 )
chiku memo7

f0046615_21512456.jpg

photo: ebisu, tokyo


知久さんライブメモ。

2014/12/30 知久くんと淺井くんのあかるいみそか会  山羊に、聞く?

ライブペイント:淺井裕介

知久さんの片手には→生(ジョッキ)ともう一つなんかのグラスにやはり生(?)

さめの片手には→生(ジョッキ)+トムヤムクンナッツ+おいなりさん

---------------------------------------------------------------

<前半>

おるがん
鐘の歌
電車かもしれない
ぎが
きみにあげるよ
ああぼ~くはかなし~よ
アンダイカン アク プニャ サヤプ
326
いちょうの樹の下で

<後半>

らんちう(語りはローングローングアゴーな怪物はいるはずもなく村人はみんな助かるヤツ)
月がみてたよ
くだもの
学習
いちょうの樹の下で(2回め~)笑
電柱(でんちう)
セシウムと少女

<アンコール>

おおホーリーナイト

--------------------------------------------------------------

すっかりメモするのが遅くなってしまったのだけど。
とりあえず、セトリ順不同で合ってます。

この日は、はじめて(たまをあまり好きでない)人を連れての参戦でした~笑
代官山に少し用事があり、夕方も早いうちから辺りをうろうろしていたので、
とりあえず下見に、と思ってお店に近づくと・・・

どこからともなく、ぼーくーがー死ーんーだ日ぃーーー♪

わい☆知久さん歌ってるー!
今日はおるがん聴けそうかな。
フライングで、リハちょこっと外からのぞいちゃってました☆


さて、完全にテーブルもあるカフェ状態のライブで、
連れもいたこともあり、めずらしく前に前には攻めず、最後列のソファ席をゲット!
いやぁ、快適すね。
こんなにゆったり座って知久さんの歌が聴けるなんて、
これもまたシアワセ。

この日のライブは、ライブペイントというものがあるということで、
もうすでに開演前から、昼からのペイントの余韻が漂っている。
窓や床にたくさんのペイント。
これが知久さんのライブと共に、さらに広がっていくのか!?
そんな感じでいよいよ開演。

知久さんいつものように登場~。
ハイいきなりおるがん~。
やっぱり~。
ハイ次~。
ハイ次~。

なーんかのっけから様子がおかしいなと思ってはいたけど。

・・・ところどころ、ギターがあやしい。笑

いやん知久さん、
今日はしょっぱなから酔っぱらってらっしゃいますわね。笑

でもさめ的には、そんな状態の知久さんに、
きみにあげるよとああぼ~くはかなし~よを連続で歌ってもらえたときは、
うれしすぎてちょと腰が浮いてしまいましたがよ。笑

だって実はさめ前日に、この二曲がすごく聴きたくて、
たまははきのそれこそ酔っぱらいの二曲をずっと繰り返し観ていたのです。


そんな感じでほとんどMCははさまず、一気に前半終了。
ペインティングもだいぶ増殖してきました。


そして後半もハイ次~ハイ次~どんどん歌っていかれる知久さん。
いい感じになってきたところで、ややや。
ついに、素で同じ曲を二度、完全に歌う、というハプニング。
コレにはさすがにたまをよく知らない連れも気づきました。笑

もうだめだぁ~今日何歌ったかすら覚えてられない~と、
やっとココにきてMCのようなものが。
タイから帰ってきてからもうずっと飲みっぱなしで~
て、ヲイ!笑

いやぁ、この日の知久さん最高に酔っぱらってらっしゃいました。笑
でもあれでもあんだけ歌えるんだもんなぁ。
酔奏、酔唱、こっちまでキモチよくなる、
やっぱ知久さんはサイコーだ!

渡瀬さんも、知久さんの歌を聴きながら、
終始キモチよさそうに身体を揺らしてらっしゃいました。
本当に本当に知久さんの歌を愛してるんだなぁ・・・って、
なんともじーんときてしまいました。


そんな愛にあふれる(?)知久さんにどうしてもひと声かけて帰りたかったので。
とりあえず、さめがかけた一言は。

ちくさんっ、だだだいじょぶですか?

なにが~?

(なにが~じゃないっ!そんなにでろんでろんなのに)

そしてお決まりのサインをせがむ。

いいよーと言いながらフラフラどっか行っちゃうので、一瞬断られたかと思った、
ら、テーブルにジョッキを置きに行っただけだったみたい。
またフラフラ戻って来て、だいじょぶなのかな、ほんと。笑

だるまさん千字文を手渡すと、
酔っぱらってるとは思えない手つきでサラサラサラ~とだるまさんを描いてくれた!
(みなさん、この本にお願いすると、もれなくだるまさん描いてくれるそうです!)

そして・・・ さめさん?と聞いてくれたのだけど、
即答で、
いえっ!さめちゃんです!!と答えてしまった。爆

こないだ、もう「ちゃん」ではお願いしないと決めたのに。笑


こんな感じの知久さんライブ納めでした。
もう年は明けましたが、今年も知久さんライブ、行くぞー。

あ。連れも、思いの外、知久さんの歌、よかったそうです。
たまの時の歌より、その後の歌の方が味があってなんかいい、そうです。
ふふふ。


      
[PR]
by samepoo | 2015-01-13 21:59 | 知久さん | Comments(4)
live

f0046615_075047.jpg
photo: yokosuka, kanagawa


今日の知久さんライブも楽しかったなぁ。

今日は一人ではなかったのだ。

よいライブ納めだったなぁ。

あああ、知久さん、大好きだよーーー!
(酔っぱらっている)

おやすみなさい。


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-30 23:33 | 知久さん | Comments(2)
chiku memo6

f0046615_23564692.jpg

photo: marunouchi, tokyo


知久さんライブメモ。

2014/12/23 知久寿焼 アルカディアライブ

ゲスト:斉藤哲也、佐藤良成

知久さんの片手には→生(ジョッキ)
→生(ロックグラス)途中からもう、サーバーより直にご自分で注がれる、という事態に。笑

さめの片手には→生(ジョッキ)+からあげ そいえば、おにぎりなかった。

---------------------------------------------------------------

<前半>

月がみてたよ
らんちう(語りはローングローングアゴーな怪物はいるはずもなく村人はみんな助かるヤツ)
くだもの
電車かもしれない
すいか畑
死んぢゃってからも
ムリなおみやげ
セシウムと少女

<後半>

キリストは馬小屋で生まれた
ぎが
安心
夢の中の君
シーベックシーモア
アンダイカン アク プニャ サヤプ
夜のおんがく
いわしのこもりうた

<アンコール>

おなじ話
おおホーリーナイト
月のひざし

--------------------------------------------------------------

セトリ、だいぶいい加減。
でも順不同でたぶん合ってる。

さて、会いたくて会いたくて会いた過ぎた知久さん。
前回は夏のムシナイト以来だったので、3ヶ月強ぶり。

まったくお変わりはありませんでしたが、
(いや、お変わりありますよ、秋~冬仕様のお帽子、初生拝見)
なんとなく、夏の一時より生き生きしていたような気が。

斉藤さんゲストなんで、ほんとにほんとに楽しみにしていて。
あのもくもくと演奏されるお姿を目の前で観ながら・・・
アコーディオンの生音にシビれてしまいました。

もう一人の良成さんもお初だったのだけども、
あああ、途中知久さん忘れてしまうほど、心持ってかれてしまいました。

なんなんでしょうか、アレ、
バイオリン持たない右手で弦の上の方を押さえるしぐさ(←絶対伝わんない)
ちょうど喉元の辺り、ちょとムリに右手を裏返すから、
手の甲がめっちゃ見えるの。
何してるのアレ?
後、突然弓をキュキュキュっとねじったりするの。
すげーセクシーなんだけど!
普段バイオリン弾く人を間近に見ることなんてないので、
あまりのステキな行動に、いちいちキュンキュンしてしまった、なんだアレ。笑

そんな良成さんを見て知久さんも、
ギターのチューニングとはえらいちがうなぁってほんとに楽しそうで。

こんな三人のライブを毎年毎年やっていたなんて、
もう来年も再来年も、絶対行く!!


と、まぁ。
整理番号そんなによくもなかったのに、
運よく最前列真ん中の席をゲトしたもので、
知久さんが目の前にいるという、ああなんというシアワセ。

耳栓を鼻に入れたのもちゃんと見えてるし。笑
よっこいしょういちーのささやきまでカンペキに聴こえるし。笑

当たり前だけど、セトリも夏によく聴いていたものたちとはちがって、
なんだかいつもとちがう知久さんを感じました。

そしてこの日のトピックは、なんといっても沖田総司。
もうセトリもなんもかんも忘れるくらいのインパクト強。

当時公開した映画の主題歌に、
満月小唄が抜擢されたのはいいが、
なんとその条件が、曲のタイトルを沖田総司はBカップ、
に変えることだったという。

なんとまぁ、スゴイ話ですね。
当然、断ったらしいですが、そらー彼らなら断るでしょう。
それでこそ、たま、です。


さて。
この日は、サッポロラガー缶の限定発売日だったので、
思い切って知久さんにクリスマスプレゼントしてきました。
赤星缶を見た瞬間の知久さんの目の輝きようと言ったら。
いや、実は知ってたんだよね~と、
すぐさまに冷やしに走って行かれました。笑

そして今回、サインはさめの代わりに空き巣ちゃんにねだってもらいました。
(知らない人は意味不明だろうけども)
言おうか言わまいか迷ったのだけども、
このサインは家宝級になると確信していたので、
「ちゃん」でください!!と。笑

みんな、こだわりがあるんだね、
コレ、「ちゃん」で書かないと後でケンカになるんでしょ?
と、知久さん。

よくご存じで。笑

家宝級の空き巣ちゃんハガキへのサインは、
無事「ちゃん」でいただくことができました。
よかった、よかった。
以降、「ちゃん」のおねだりはしません。
知久さんにおまかせしよ。


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-29 22:14 | 知久さん | Comments(4)
30th

f0046615_22445078.jpg

photo: yokohama, kanagawa


ツイッターで、#たま30周年 というハッシュタグがありましてね。

さめもそれなりにたまへの愛をつづったのだけども、
流れてしまうのが悲しくて、
以下、今日の一連のさめのツイート、転記。

さめの勝手な覚書なんで、みなさんお気になさらず。


【業務連絡】(たま関連じゃないフォロワーさん向け)
本日、たま結成30周年~
イカ天出演25周年記念~
キセキが起こった一日じゃ
世にもめでたい日なんじゃよ


小学4~5年の頃だったか。
ビートたけし主演の浮浪雲の主題歌が
たまの夕暮れ時のさびしさに、だったのだ。
ヘンな歌~と思いながらもなんか好きで、
その後さよなら人類と同じ人たちと知って、
妙に納得したのをおぼえているよ


当時、鹿児島の田舎の市よりもっと小さな
ローカル規模で作られていたような、
こどものうた的な歌集にも、さよなら人類は載っていたよ。
今思えば、あの歌詞はシングルバージョンだったんだな。
うちのクラスはみんなで朝から合唱していたよ。
よほどのブレイクだったんだよね


当時CDなど買ってもらえなかったさめは、
幸運にもたまのアルバムを持っていた友だちからダビングしてもらい、
なんか親には言えなくて隠れて聴いたなぁ。
今思えば、知久さんの歌が子ども心にほんとに恐怖で。
かなしいずぼんとかトラウマだった。
それでも布団かぶって聴いたなぁ


さんだる、ひるね、きゃべつは、テープが擦り切れるまで聴いた。
以降ぷっつりと途絶えてしまったさめとたまの関係は、
ちびまる子ちゃんで多少復活するも、
CDを買うお金もなく…時は経つこと二十数年。
何気なくオリオンビールを飲んでいたさめの脳裏をかすめたあの歌詞とは!?


幽霊たちが手をたたく~自転車工場で~~(そこかよ)
すぐさま文明の利器をフル活用、
動画沼におぼれ、オトナなのをいいことにCDを買い漁る。
この時点ですでに左の聴力はないのだが、
意を決して鹿児島の知久さんライブへ飛び…
…今に至っているのです


たまから、(当時トラウマになった)知久さんの歌から得たものは計り知れない。
今のさめが死の歌たちを聴き感じ取ったものは、
それは死ではなく生きることそのもののような気がしている。
ありがとう、たま。
あなたたちは奇跡のバンドでした。
そしてこれからも永遠です、おわり


たま再燃のきっかけとなったオリオンビールの唄で、
たま30周年の今夜、気持ちよくオリオンビールを飲んでいたが、
アルバム、ひるねでのオリオンビールの唄の次の曲は、
なんと過去のトラウマかなしいずぼん。
一気に子どもの頃のさめがフラッシュバック。
なんという・・・
やはり今夜は特別な夜だ



こうして見ると、
今日はほぼ、140文字をフルに使ってツイートしている。

140文字にこんだけ思いが込められるんだな。
というのも認識した記念的な一日でした~。


      
[PR]
by samepoo | 2014-11-11 22:45 | 知久さん | Comments(6)
detail

f0046615_23383919.jpg
photo: nakano, tokyo


ゆうべの3件に関してちょとくわしく解説しますと。


①ビールが飲みたい。

家ビールを発泡酒→ビールに変更したため、
先の宣言通り、平日飲む頻度を減らしました。
だもんで、もう3日間ビール飲んどりません。

一週間のうちで飲んでいい日を4日間と決めたので、
週末の金土日を飲むとしたら、
平日は後1日しか飲めないことになってしまうのです。

ちなみに新しい家ビールは、これも先の宣言通り、モルツ!

プレミアムモルツ、じゃあないのだ。



②写真が撮りたい。

実家に帰っていた先週末。
今は妹の元にある、さめの昔の愛機ネオを2日間連れて写真を撮った。

実は昔の写真を振り返るといつも、
あ、コレいいな、と思う写真のほとんどは、ネオで撮った写真なのだ。

そんな今、今のさめがネオを持つとどんな写真が撮れるのか試してみたくて。

今ネオを使ってわかったのは、
あの頃は、すべてをカメラに込めて撮っていたんだな。
思いのたけがあの色を出していたんだな。
逆にあの頃は、ああしかできなかったんだろうな。

もうあんな写真は撮れないな、
今、今のさめがネオを使っても。


そんなことを思ったので。

そしてそれがはかなくもおもしろくもあり。


すべてを込めるという意味では、
今は、今のさめが、今の思いのたけを込められるとしたら、
それはフィルムだな、と。

そんなわけで、さめは今、撮らねばならぬのです。



③知久さんに会いたい。

コレが今イチバンさめに足りていないものです。

ちく充電はもう1ヶ月ほど前からカリッカリ。

さらに先週末、ひさしぶりの関東ソロライブなのに、
どうがんばっても行けなかったという悲しい事実により、
さめは心に深い痛手を負いました。


さめさんは慢性的なちく不足に陥っています!

非常にキケンな状態です!

早急にちく充電を行ってください!



そーいうわけです、ハイ。


      
[PR]
by samepoo | 2014-10-29 23:38 | 知久さん | Comments(6)
three

f0046615_2352461.jpg

photo: shinagawa, tokyo


①ビールが飲みたい。

②写真が撮りたい。

③知久さんに会いたい。


      
[PR]
by samepoo | 2014-10-28 23:53 | 知久さん | Comments(8)
out of

f0046615_23521824.jpg

photo: matsuzakaya, ginza, tokyo


今日は仕事でだいぶ消耗したけど、
帰ってきてからさらに消耗したな。

げそ。


21日はGさんのライブだって、言い出せなかったな。

たぶん、この日もムリなんだと思う。



あああああ。

どうやら9月10月はちょとダメそうですね。


仕事も毎日バカみたいに予定が入っているけども、
土日も土日でいろいろ。


んんんんん。

もうちく充電は今日で完全になくなりました。
今はさめ、パワーセーブモードのG充電で動いてます。

知久さんに会いたいよーっ。



[PR]
by samepoo | 2014-09-04 23:53 | 知久さん | Comments(6)
chiku memo5

f0046615_14134.jpg

photo: marunouchi, tokyo


知久さんライブメモ。

2014/8/17 知久寿焼とムシナイト  相模湖交流センター

知久さんの片手には→キリンラガー(サンゴー缶)→水 なぜに知久さんだけキリンラガーをお持ちで?

さめの片手には→バドワイザーーー だってだってコレが配られたんだもんっ!

---------------------------------------------------------------

電柱(でんちう)
月がみてたよ
らんちう(語りはおじいさんとおばあさんが長く住んでるヤツ)
ロシヤのパン
うどんかぞえうた
お父さんスイッチの作りかた
ハオハオ
ひとだま音頭
電車かもしれない テイク1
 《《~妖術~》》
電車かもしれない テイク2
すいか畑
おるがん
アンダイカン アク プニャ サヤプ
ちょっと今ここだけの歌

<アンコール>

いたわさ
死んじゃってからも

--------------------------------------------------------------

今回のセトリは順番もカンペキ!・・・のはず。

相模湖、まじで遠いから。

でもでも夏の思い出、端っこだったけど最前列も確保できて、ほんとに行ってよかった!


この日のライブは、虫・ムシ・むし展のオープニングイベント、とのこと。

知久さんが何度もべっぴんさんと言われていた作家の奥村巴菜さんと
虫の写真家の方のトークや、
虫の声や自然をバックに演奏されるガイネさんという方のライブなど・・・

が、しかし。

突如そんなイイお話やステキな音を聴いたお客さんたちの記憶がすべて消し去られる、
というハプニングが発生。

なぜならこの日、知久さんはついに正体を現し、妖術を使われたのである。


子どもたちもたくさんとのことで、
CMソングやみんなのうた系の歌を調子よく披露。
音頭でみんなもノリノリ。

そしておもむろに始めた電車かもしれない。

いい調子で歌っている・・・はずが、突然の中断、おや。

なにやらカポの位置がまちがってたらしく、テレっとしたのもつかの間。

みるみるヘン顔、ヘン声、異様な動き~。

ためていた何かをぐああああうぬぬぬぬぬ、ふはぁ~~っ!!!


(キリッ)さぁ今ので忘れたね。
え~次は電車かもしれない。
(何事もなかったかのように)



いやいやいやいや!
他のことは全部忘れたけど、それ絶対忘れないから!!
つーかコワイから、夢に出るから!!!

そんな感じのライブでございました。


さめのお隣の方がね、な、なんと途中、
いきなりケロリーヌをリクエストされました。

なんという勇気。驚
そんなんさめだって聴きたいよ!笑


ライブ終了後、ちょとだけ知久さんとお話できました。
今回も単独参戦。
いただいたサインは、やはりさめ「さん」へ。爆

ちゃんもさんもそんなのテキトーだよーと言われていたけど、
そんなのウソに決まってる。(←ほんとどーでもいい)爆

ていうか知久さん、さめに名前を尋ねてないのに、
いきなりさめさんへって書き出したもんだから、
!?%$&#!’&%$¥てなってしまったですよ!!

あうあうなりながら、
(目をハートマークにして)お、覚えててくれたんですか・・・?(はぁと)

・・・あ、コレ。と、
裏に書いてあったこないだいただいたサインの宛名を指差され。爆


はうっ!? 
ずるりんでした。恥


でもわかってたよ、こないだ博物ふぇす来てくれたでしょ?


それでまた目がハートマークになってしまった女35歳、でした。爆

はいはい。


さて。
電車かもしれないには全く効果を示さなかった知久さんの妖術ですが、
翌日の10日ぶりの出勤、
会社の行き方はすっっかり忘れてましたよ?笑



今日のマン2ライブには、残念ながら行けなかったけども。

次は、「ちゃん」でください!!と頼んでみよう、女35歳。爆



[PR]
by samepoo | 2014-08-19 22:04 | 知久さん | Comments(4)
membracidae

f0046615_13168.jpg

photo: yokosuka, kanagawa


きのうは、博物ふぇすてぃばる!、というイベントに行っていました。

目的は・・・・・・・知久さん。爆


この日は、ギター弾き語り、ではなく、
ツノゼミ研究家、として知久さんはそこにいらっしゃいました。


開場15分前くらいから並んでいると、
開場直前におなじみの格好で入って行く知久さん発見!

他の誰が入って行くのもまったく気にならないのに、
知久さんだけはすぐわかる。
なんであんなに目立つんだろうね。笑


ということで、せっかくなんでお話させてもらおうとブースに行ってもいない。笑
どこ行ったんだぁ―!

とりあえず、知久さんのカワイイ字でラベルが書かれたツノゼミの標本を確認して、
もうひとまわりしていたら・・・いた!
すかさずごあいさつ、です。

わーい、知久さーん!(←心の中で)

さめは正直ツノゼミに関してはまったくわからんちんなので、
論文とかその辺でせめてみました。

知久さんのイチバンのお気にのツノゼミを教えてもらって、
それは知久さんが発見した新種のツノゼミで、
今まだ名前がないらしいースゲー。

そんな感じで結構長い間おしゃべりさせてもらったー。
わーーい!

その後も知久さん。
たぶんじっとしていられないんだろうね。
ブースから抜け出てはちょろちょろされてました。笑


このイベント。
目的は知久さん、と書きましたが、さめも一応生物畑の出身者。
ナマモノな虫やカエルやトカゲはちょっちカンベンだけども、
植物や発生や進化やミクロな世界にはそれなりに興味はある。
なかなか楽しいイベントでした。

いやぁ、セミやイモムシのブローチだか髪飾りだかネックレスだか、
そういうのを作って売っていることにまずビックリだし、
(それがまた、恐ろしく精密で巧妙でスバラシイ)
それをまたうれしそうに着けていたりなんかする女子たちがたくさんいて、
正直、こんな需要もあるのだな、と、
さめもいろいろと勉強になった次第でした。笑


てゆーか、あの会場、
いつもジャンクショーが開催されてる会場なんですけどー笑
[PR]
by samepoo | 2014-08-11 23:17 | 知久さん | Comments(4)
chiku memo4

f0046615_0174090.jpg

photo: yokosuka, kanagawa


知久さんライブメモ。

2014/7/20 国立地球屋

知久さんの片手には→オリオンビール(小瓶)2本→ハートランド

さめの片手にも→オリオンビール(小瓶) わーい!

-----------------------------------------------------------

<前半>

おるがん
ああぼ~くはかなし~よ
金魚蜂
牛乳
月がみてたよ
安心
きみしかいない
電車かもしれない

<後半>

あんてな
すいか畑
ひとだま音頭
らんちう(語りなし)
南風
ちょっと今ここだけの歌
死んぢゃってからも
おるすばん
いわしのこもりうた

<アンコール>

電柱(でんちう)

-----------------------------------------------------------

いつものように順不同で。
セトリ自体はあってるはず。


国立地球屋、ものすごくよかった。

決して広くはないけど、そこまでぎゅうぎゅうでもなく、
なんか居心地がよい。

なんといっても、エルさんというお店のスタッフのお方のキャラがとてもよい。笑

そしてそしてなにがイチバンイイかというと。


楽屋がないこと!!


開演1時間前にお店に入ると同時に、
知久さんすでにステージ(といっても、一段高くなってるくらい)にいらっしゃる。

ひいぃ。

さめは比較的早く入れたので、前列の席をゲット。

開演まで1時間。
知久さんがずっと目の前におられるのです。

それはそれは目のやり場に困ります。

気を抜くとじーっと見つめてしまうので、
オリオンビール片手にさめは、
しらんふりしてるフリがそりゃあ大変。笑


ギターの弦を張り換えたり、ビール飲んだり、
瞑想したり、チューニング(?)したり、ビール飲んだり、
弾いたり、何か書いたり、
いたわさ食べたり、ビール飲んだり、されてました。 ←しっかり見ている。爆

あああ、そんな手酌で。
許されるのならば、このさめがお酌をして差し上げたい・・・・


いやはや、そんなこんなで夢のような1時間。
さめ的にはビールはおろか、目の前の知久さんで
ご飯が3杯くらいいけちゃいそうな感じでしたがよー笑


ライブ自体は、MCも少なめ、
らんちうの語りもなく、
アンコールはリクエストもなく、あっさり。
とにかく歌うよ!といった感じかな。

とはいいつつ途中、
知久さんふんどし調整で肩をちょと傷めるハプニングもあり、
楽しく終了しました。


終了後、ほんのちょっぴりだけ、お話できました。
サインの宛名に関して、以前とちがうところが一点。

前回「さめちゃんへ」(このときは若いコが一緒)
      ↓
今回「さめさんへ」(この日はさめ単独)

うむ。
この件に関しては、8月中に解決するでしょう。

なんのことやら、だね。

読まなくていいよー笑
[PR]
by samepoo | 2014-07-27 23:50 | 知久さん | Comments(2)