chiku memo6

f0046615_23564692.jpg

photo: marunouchi, tokyo


知久さんライブメモ。

2014/12/23 知久寿焼 アルカディアライブ

ゲスト:斉藤哲也、佐藤良成

知久さんの片手には→生(ジョッキ)
→生(ロックグラス)途中からもう、サーバーより直にご自分で注がれる、という事態に。笑

さめの片手には→生(ジョッキ)+からあげ そいえば、おにぎりなかった。

---------------------------------------------------------------

<前半>

月がみてたよ
らんちう(語りはローングローングアゴーな怪物はいるはずもなく村人はみんな助かるヤツ)
くだもの
電車かもしれない
すいか畑
死んぢゃってからも
ムリなおみやげ
セシウムと少女

<後半>

キリストは馬小屋で生まれた
ぎが
安心
夢の中の君
シーベックシーモア
アンダイカン アク プニャ サヤプ
夜のおんがく
いわしのこもりうた

<アンコール>

おなじ話
おおホーリーナイト
月のひざし

--------------------------------------------------------------

セトリ、だいぶいい加減。
でも順不同でたぶん合ってる。

さて、会いたくて会いたくて会いた過ぎた知久さん。
前回は夏のムシナイト以来だったので、3ヶ月強ぶり。

まったくお変わりはありませんでしたが、
(いや、お変わりありますよ、秋~冬仕様のお帽子、初生拝見)
なんとなく、夏の一時より生き生きしていたような気が。

斉藤さんゲストなんで、ほんとにほんとに楽しみにしていて。
あのもくもくと演奏されるお姿を目の前で観ながら・・・
アコーディオンの生音にシビれてしまいました。

もう一人の良成さんもお初だったのだけども、
あああ、途中知久さん忘れてしまうほど、心持ってかれてしまいました。

なんなんでしょうか、アレ、
バイオリン持たない右手で弦の上の方を押さえるしぐさ(←絶対伝わんない)
ちょうど喉元の辺り、ちょとムリに右手を裏返すから、
手の甲がめっちゃ見えるの。
何してるのアレ?
後、突然弓をキュキュキュっとねじったりするの。
すげーセクシーなんだけど!
普段バイオリン弾く人を間近に見ることなんてないので、
あまりのステキな行動に、いちいちキュンキュンしてしまった、なんだアレ。笑

そんな良成さんを見て知久さんも、
ギターのチューニングとはえらいちがうなぁってほんとに楽しそうで。

こんな三人のライブを毎年毎年やっていたなんて、
もう来年も再来年も、絶対行く!!


と、まぁ。
整理番号そんなによくもなかったのに、
運よく最前列真ん中の席をゲトしたもので、
知久さんが目の前にいるという、ああなんというシアワセ。

耳栓を鼻に入れたのもちゃんと見えてるし。笑
よっこいしょういちーのささやきまでカンペキに聴こえるし。笑

当たり前だけど、セトリも夏によく聴いていたものたちとはちがって、
なんだかいつもとちがう知久さんを感じました。

そしてこの日のトピックは、なんといっても沖田総司。
もうセトリもなんもかんも忘れるくらいのインパクト強。

当時公開した映画の主題歌に、
満月小唄が抜擢されたのはいいが、
なんとその条件が、曲のタイトルを沖田総司はBカップ、
に変えることだったという。

なんとまぁ、スゴイ話ですね。
当然、断ったらしいですが、そらー彼らなら断るでしょう。
それでこそ、たま、です。


さて。
この日は、サッポロラガー缶の限定発売日だったので、
思い切って知久さんにクリスマスプレゼントしてきました。
赤星缶を見た瞬間の知久さんの目の輝きようと言ったら。
いや、実は知ってたんだよね~と、
すぐさまに冷やしに走って行かれました。笑

そして今回、サインはさめの代わりに空き巣ちゃんにねだってもらいました。
(知らない人は意味不明だろうけども)
言おうか言わまいか迷ったのだけども、
このサインは家宝級になると確信していたので、
「ちゃん」でください!!と。笑

みんな、こだわりがあるんだね、
コレ、「ちゃん」で書かないと後でケンカになるんでしょ?
と、知久さん。

よくご存じで。笑

家宝級の空き巣ちゃんハガキへのサインは、
無事「ちゃん」でいただくことができました。
よかった、よかった。
以降、「ちゃん」のおねだりはしません。
知久さんにおまかせしよ。


      
[PR]
by samepoo | 2014-12-29 22:14 | 知久さん | Comments(4)
Commented by まき at 2014-12-30 00:57 x
セトリありがとうー。ほわーんとしてるのでいつも覚えられないんです。。
ところで、良成さん、ホントかっこよかったですねー。で、ウチにはバイオリン弾きがひとりおるので(私は弾けませんよ)、ちょこっとコメント。まず右手をのど元近くに持っていってるのは調弦(チューニング)です。たぶん一番細い弦はペグ(先のほうのネジみたいなやつ)ではなく元についてるアジャスターで合わせてるのではと。。それから弓キュッキュは、弓の毛の張りを調節されてるのだと思います。弾いてないときは緩めてあって、弾く時に張るのかな。もしかして曲によって張り具合を変えるかも?だいたいそんな感じwww参考になれば。。
アルカディア楽しかったなー。さめさんにも逢えたし。ホントいいライブでした。
Commented by たゑ at 2014-12-30 23:15 x
うぉー素敵レポにお腹いっぱいです!
行けなかった無念はきれいに吹き飛びました(∩´∀`)∩✨
やっぱりさめさんのライブレポはすごく好きです。うまく表現できないんですが、読むたんびに満たされるというか…(何が?心が!)
ともあれ、やっとやっと知久さんライブ再参戦できて、本当に良かったですね!(T_T)
Commented by samepoo at 2014-12-31 15:31
☆まきさん
いやいや、きのうもどうもありがとうございました~。
なるほど!良成さんのしぐさの秘密、そうだったんですね。
ていうか、お家にバイオリン弾きがいらっしゃるとは!?
ダンナさん?子どもさん??
あのセクシーなしぐさがいつも見られるとはウラヤマシイ☆
Commented by samepoo at 2014-12-31 15:37
☆たゑさん
いやもう、ゴメンナサイ。
あの日は盛りだくさん過ぎて、まったくちゃんと書けてないです。汗
ほんとなら、あの空間をたゑさんとも共感したかったですよぉ。
来年も知久さんライブは定期的に通います!
また一緒に知久ワールドを浴びましょう~。
(またって、実は知久さんライブご一緒したことまだないですね。笑)
<< live nothing >>